体操、リトミック、知育教室など様々な幼児教室がある中で、人気のあるもののひとつに英語があげられます。日本語もままならないのにもう英語?と思う方もいるでしょうし、いやいや0歳児はすでに発音を聞きわけているのだからその機能が失われないうちに少しでも早く!と英語の幼児教室をお考えの方もいらっしゃるでしょう。いずれにせよ、小学校から英語の学習が始まりグローバル化が進む昨今の状況ですと、親としては英語問題は避けられないようです。英語が苦手だった親御さんにとっては、子どもには英語が話せるようになってほしいと思うでしょうし、英語が話せる親御さんにとっては子どもにもぜひ英語を話して世界を広げてほしいと願うでしょう。英語を習わせるのか、習わせるならいつからか、という好むと好まざるとやってくる子どもの英語問題について考えてみたいと思います。

小さいころから英語に慣れるということ

 まず、多くの日本人が持っているであろう英語に対するコンプレックスについてみてみましょう。外国人に英語で道を聞かれ、うまく答えられなかった…という経験から見えてきそうなのは、外国人に対する慣れです。英語が話せないというより、外国人と話しているという状況にドギマギしてしまって、もしかしたら英語が話せる人かもしれないのに上手く言葉がでないといった具合です。他の多民族国家に比べてまだまだ外国人が少ない日本では、まず外国人と話すことに慣れる、という経験が必要かもしれません。小さいころから幼児教室等で外国人の先生とおしゃべりしたり、遊んだりすることは、外国人は特別ではないという意識を与えてくれます。本当に話せるようになるかは別にして、こういった意識が子どもの頃から持てる、と言う点は英語を習うメリットといえるのではないでしょうか。

英語の幼児教室をどのように選ぶか。

 英語の幼児教室にもさまざまなものがあります。とにかく楽しく遊び、まずは英語に触れてもらう方針のところから、親も英語が話せる前提で、親への指示・指導もすべて英語のところまで、とにかく英語に関する教室はたくさんありそうです。無料の体験教室を開いているところが多いので、まずは気になったら行ってみるというのも手でしょう。体験教室に行くと、英語のCDを無料でプレゼントしてくれるなんてところもあります。教室に行ってみて、子どもに合いそうか、そして親である自分たちにも合いそうか、というのも大事な選考基準です。親の考え方や状況によって選び方が変わってくるかと思いますが、他にも月謝がいくらか、家から通える距離かなどの条件と合わせながらみていく必要がありそうです。