子どもの将来を考える上で、親ができることは多いようで限られています。現在は少子化の時代で、更に共働きの世帯が多いこともあり、独学で子どもに様々なことを教えるには知識も時間も不足してしまうことが現状です。そこで、現在多くの親御さんが幼児教室に子どもを通わせることが浸透してきています。幼児教室は通常幼稚園などで遊んでいる時間を勉強の時間に充てることを目的として教室です。幼稚園や保育園に比べて費用も割高になることも多く、幼児教室の選び方が非常に重要になってきます。そこで、このページでは、多くのある幼児教室の中から、どのようなところに大切な子どもを預ければ良いかなどを中心に紹介します。お子様の大切な時期の過ごし方の参考にして頂ければと思います。

必ず体験授業ができる教室を選びましょう。

人間の性格というのは、十人十色で、決して同じ正確の人間は存在しません。特に幼稚園や小学校低学年の頃の子どもというのは、非常に多感で様々な感情を吸収しやすい時期になりますので、まず第一に子どもが楽しいと思えるような教室を選ばなければなりません。そこで大切なのが体験授業の参加です。すでに同世代の子どもが受けている授業に参加することで、子どもとしては新たな友だちができますし、親御さんとしては、その教室の教育水準を見ることができる絶好の機会となります。幼児教室は幼稚園とは違い、あくまでも勉強をする場ですので、教育水準の質には気をつけなければなりません。体験だからといって、お子様に簡単な問題ばかりさせるような教室はあまりお勧めできません。あくまでも先にいる生徒さんを同じレベルの体験ができるかを確認しましょう。

内部の情報、外部の情報を大切にしましょう。

体験授業と共に大切になってくるのが口コミなどの外部の情報も重要な判断材料です。口コミサイトなどの情報は正しいものと間違っているものがありますので、判断に注意が必要ですが、良い評価と悪い評価の割合などを比較してみましょう。悪い評価が3割を超えるような教室はあまり良いとは言えません。一番良いのは、先にその教室に通っていた方の話を聞くことです。教室からもたらされる情報だけを信じるのではなく、実際の体験者の話をできるだけ集めてみましょう。内部の情報でいうと合格体験記や合格実績などには注意が必要です。教室によっては体験授業を受けた子どもの合格実績も加えることによって合格実績を割り増しする教室もありますので、安易に信じてはいけません。まずは自分の耳で情報を集め、子どもに最適な教室を選びましょう。

最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 幼児教室をお探しの方は伸芽会へ。